かざやのブログ

ゲーム中心に特撮やアニメなど、いろいろなお話をしていきます。 よろしければ、皆さん見に来てくださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夢をみました。

どうしてそんな夢をみたのかわかりません。
それは悲しい、悲しい夢でした。

わたしと、妹と母上の3人で遊んでいました。
ミニチュア使ったり、ままごとしたり。
気がついたら、夜になっていました。
そろそろ帰ろうかというところで、わたしは言います。
「わたしは一緒に帰れないから、二人で帰って」

実はわたしは、二人と遊ぶ前に、悪いやつらに捕まって、既に命を落としていたんです。
だから、一緒には帰れないんだよって。

不思議そうに二人はわたしを見て。どうしてって顔で。
でも、妹は気づいたらしく。
最後に自分が作ったアニメだよって、テレビで見せてくれたんです。
波に飲まれそうなパンダさん。
実は近くの船に乗っていましたっていう、たった数秒のアニメ。

それをみたわたしは笑顔でこういいます。
「最後にみせてくれてありがとう。すごいね、がんばったね!」
なでこなでこと、妹の頭をなでてあげます。
笑顔で、素直な感想をそのまま言うように。

「できれば、もっともっとみたかったなぁ?」

普通ならここで泣くじゃないですか。
泣かないんです。
むしろ笑顔なんです。未練なんてもの、ないんです。
ただ、そんな気持ちだから、そう伝えたって感じで。

そんなところで、目が覚めました。
すごく、すごく悲しかったです。
悲しい夢はたくさん見ましたけど、こんなに悲しかったの、はじめてかも。

ふと、思います。
同じようにわたしが死んで、こんな気持ちになれるかしらって。
たぶん無理。
だって、ほんもののわたしは、とっても泣き虫だから。
まだ涙が出ます。
そろそろ会社なんだけどなぁ?。にゃはは。
スポンサーサイト
[ 2009/08/25 07:00 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。